日本最初の盲導犬

以前にも紹介しましたが、日本での最初の盲導犬は戦場で失明した軍人のためのものでした。盲導犬を知った有志の人たちが陸軍省に働きかけ、昭和14年、ドイツの盲導犬訓練学校から訓練された4頭の犬が輸入され、陸軍第一病院で再訓練したのち、4名の失明軍人に寄贈されました。
今回、ご紹介する本はこの盲導犬黎明期をつぶさに調査したノンフィクションです。
「日本最初の盲導犬」葉上太郎著(文芸春秋刊)。
この本を読むと戦争という大きな波に飲み込まれていく市井の人々の苦しさ、悲しみがよくわかります。
突然、失明した兵士は絶望のあまり自殺まで考えます。その心の支えとなれるのではないか、また、社会復帰に役立つのではないかと盲導犬が導入されたのです。一方、盲導犬を輸入したものの、その扱い方も養育の仕方もわからないまま、手探りの中で事業は進められていきます。しかも、陸軍の正式な認可があったわけでもないので、陸軍第一病院内で有志の人たちの努力によってかろうじて支えられていたのです。この時代、国の鉄道やバスに乗ることもできずに苦労した一方で、地方の私鉄では乗車が認められるなど、興味深い事実も載っていました。戦火の中、ご主人を命がけで誘導した盲導犬が、なんと、戦時中の食糧難で餓死したというエピソードには泣きそうになりました。
最初にドイツからやってきた4頭はどういう最後を迎えたか(みんな若死にだったことに驚かされました)はわかっていますが、他の和製盲導犬については消息もしれないものもあります。つまり、歴史の片隅に追いやられてしまったのです。その意味では、今回、この本で試みられた調査は貴重なものといえるでしょう。
ずっしりとしたノンフィクションなので、気軽には読めませんが、そのかわり、読み応え十分、盲導犬だけでなく、平和とはなにか、など、いろいろ考えさせられます。ぜひ、ご一読ください

 

IMG_0742

マローボーン

パピーウォーカーなら馴染み深い骨のオモチャ。協会によってはそれ以外のものは認めていないところもあります。私の時代はミルキーボーンが定番でした。ところが、その「ミルキーボーン」の輸入がなくなり、国内で販売されなくなりました。代わりのもとして、知り合いに「エバータフボーン」を教えてもらいました。それを会社で使っていたところ、二枚目の写真を見ればわかるように、齧りすぎて本当に小さくなってしまいました。新たに買おうと思ったのですが、ペットショップでは売っておらずネット購入だと送料が結構とられます。なので、ペットショップで売っていた「マローボーン」というものを買ってみました。エバータフボーンはチキンフレーバーでしたが、こちらはレバーペーストが入っています。違うものだけど、雪ちゃんはちゃんと遊んでくれるかな? たぶん、大丈夫と思いつつあげてみると、やっぱり大丈夫でした(笑)。大喜びでガジガジしくれています。大きさもちょっと大きめなので、これでしばらくもちそうです。骨を齧っている姿はパピーのころを彷彿とさせてかわいいです。

 

CIMG5884 CIMG5885 CIMG5887 CIMG5888 CIMG5889

健康診断と歯垢除去手術

昨日、雪ちゃんは歯垢除去手術を受けました。以前から獣医さんに勧められていたのです。
毎日、歯のお手入れをしているつもりですが、それでも8歳にもなると歯垢がたまってきます。たまった歯垢から歯槽膿漏になる可能性が高く、そうなると高齢犬にとっては命取りになるかもしれないのです。そして、歯垢除去の手術は全身麻酔を要するため、10歳を超えるとできません。逆に今やっておくと、雪ちゃんの年齢を考えれば、一生きれいな歯で過ごせるのです。8歳の誕生日を迎えたのを良い機会にしようと、手術に踏み切りました。手術の前には健康診断もしてもらいました。高齢になると、半年、少なくとも1年に一度は健康診断を受けたほうがよいと聞いていたからです。
朝、11時に連れて行って、帰ってきたのは5時。やはり、全身麻酔をするだけあって、大掛かりなものとなりました。でも、雪ちゃん自身は元気一杯、シッポをブルンブルン振って、病院で待っていた私のもとに戻ってきました。写真を見てもらえばわかりますが、とても汚れていた歯がきれいになっています。
さて、健康診断の結果ですが、年齢が年齢だけに全て正常、というわけにはいきませんでした。背骨にブリッジと呼ばれる突起のようなものができているのが見つかりました。今のところ、神経と反対側にできているので問題はないのですが、足腰に負担がかからないよう、厳重な体重管理を言われました。食いしん坊の雪ちゃんにはかわいそうですが、しばらくダイエットは続きそうです。また、肝数値にも異常がありました。ただ、レントゲンで診た全ての臓器に異常はなかったので、これも大丈夫だろうということで、要観察となっています。
健康そうに見えた雪ちゃんですが、こうしてみると、あちこち年齢を感じさせるところがでてきているのだなあ、と思い、毎年の健康診断は必須だと実感したのでした。
気になる診断料ですが、血液検査とレントゲン検査で18500円。歯垢除去手術が25000円でした。全部あわせると結構なお値段がかかり、高齢犬をあずかるというのは大変だという思いを改めて強くしました。引退犬をあずかるボランティアさんへの援助も欠かすことはできないです

 

CIMG5878 CIMG5879 CIMG5880 CIMG5881 CIMG5883

犬アレルギー・犬嫌いの方との共存

犬アレルギーや犬嫌いのお客様がいるからと、補助犬の同伴を拒否するお店もあります。でも、補助犬法が施行されたとき、衛生面での問題は専門家によってクリアされていることをお店の人が理解し、席を離すなどの工夫してもらえるようになるといいと思います。この記事の中で「補助犬ユーザーも、他のお客様に嫌な思いをさせてまで、受入れてほしい!とは思っておられません。全てのお客様が当たり前に、気持ちよく利用できるよう、ご理解とご協力をお願い致します。」とあります。みんなが幸せな社会。それは弱者にやさしい社会だと思うのです。

以下に「補助犬とお店に行こう」さんのFacebook記事を転載します。

 

【犬アレルギー・犬嫌いの方との共存】について

世の中に「アレルギーのある方、犬嫌いの方」が居られることは十分に理解しておりますし、補助犬関係者は決して忘れてはいけないと思っております。

2002年に身体障害者補助犬法という法律ができ、不特定多数の方が出入りできる店舗、施設、公共交通機関には、補助犬同伴の利用が認められております。(補助犬法上の認定を受けた犬と障害者のペアのみ。ペットの犬は除外です。)法律を作る中では、当然のことながら公衆衛生の専門家、人獣共通感染症の専門家も入り、検討されました。
※ 厚生労働省ほじょ犬情報サイト→http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/

アレルギーの原因物質は、犬の【フケ】と【唾液】だといわれております。ですので、補助犬ユーザーの皆さんは、日々のケアを怠りません。訓練事業者から教育を受ける中で、毎日のブラッシングから衛生管理、定期的な健康チェック等、ペットの管理以上の教育を受けます。当然ながら予防接種もしておりますので、人獣共通感染症に関しましても問題ありません。そのようなユーザーの大きな責務が、法律の中で厳しくうたわれております。
だからこそ、社会参加が認められており、医療機関や飲食店等の同伴利用が法的に認められています。更にケープを着せる等で抜け毛防止にも努めておられます。

※ 身体障害者補助犬ユーザーの受け入れを円滑にするために~医療機関に考慮していただきたいこと~→http://www.mhlw.go.jp/…/bukyo…/syakai/hojyoken/html/a08.html
※ 医療機関受入れマニュアル→http://www.jsdra.jp/manual-iryo.html

ただ、「何が何でも受入れろ!」という事ではなく、「犬アレルギーや嫌いなお客様が居られたら、席を離す」等の対処はしていただいてよいのです。ですので、アレルギーがあったり、犬嫌いなお客様は、是非ともお申し出下さい。その際、お店の方には、席を離す等の配慮のお手伝いをお願いしたいと思います。

補助犬ユーザーも、他のお客様に嫌な思いをさせてまで、受入れてほしい!とは思っておられません。全てのお客様が当たり前に、気持ちよく利用できるよう、ご理解とご協力をお願い致します。

世の中には、様々な人が居て当然です。様々な人の立場にたって、共存し合える社会を目指したいと思っております。

(文責:日本補助犬情報センター 橋爪)

 

CIMG8244